【プロが教える】ずっと同じメイクはNG!大人に教えたいメイクアップデートのコツ

2021.4.19 19:30
【プロが教える】ずっと同じメイクはNG!大人に教えたいメイクアップデートのコツサムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

皆様、毎回メイクする時は、トレンドや年齢を意識していますか?

メイクは、好みや目的などに合わせて変えることが大切ですが、ずっと同じメイクをしている方もいるのではないでしょうか?

年齢とともに肌の状態や流行も変わるため、メイクも工夫したいところですよね。

ですが、メイクの流行りはめまぐるしく変化していきます。
ついて行けないし、自分に似合うのか?
とも思うと思います!

今回は流行りに左右されない!
マンネリメイクから、大人メイクにできるコツや気を付けておきたいことについて、詳しくご紹介していきます♪

【関連記事】メイクの仕上がりをダメにしがちな3つの癖!

■メイク前のスキンケア

保湿にもポイントが
保湿にもポイントが

保湿が足りないと、皮脂が不足していると身体が感じ取り、皮脂を過剰分泌させてしまったり、水分不足でカサカサしたり…。

その結果、メイクが浮いて崩れやすくなり、また乾燥した肌はキメが乱れてくるため、ファンデーションなどがキレイにのりません。
スキンケアには多少の時間をしっかりとかけてあげましょう!

■カバーしすぎない

ついついカバーしたくなるけど
ついついカバーしたくなるけど

年齢肌の悩みは、つきないですよね。

ですが、メイクだけでカバーしようとするのは避けましょう!

メイクで何とか隠そうとした場合、
重ねすぎると厚化粧になり、逆に老けて見えやすくなってしまいます。
メイクは重ねすぎないようにしてナチュラルに仕上げることが大切です。

隠したいポイントだけを
隠したいポイントだけを

シミ、毛穴、クマなどはファンデーションではなくコンシーラーでナチュラルに丁寧に。
くすみが気になる方は、色つき下地やエイジングラインを。
また、ハイライトでリフトアップ効果を期待しましょう♪

■アイメイクやリップは華やかさを

華やかさに一工夫
華やかさに一工夫

明るい色味のアイシャドウを塗ることで、華やかな印象を持たせられます。
目の周りのくすみもカバーできて、明るく若々しいイメージにも。

また、ブラックのマスカラは目元を強調しすぎるため、マスカラはブラウン系を選びましょう♪

リップでくすみを飛ばす
リップでくすみを飛ばす

リップには、赤みが強めのリップを使うことで、唇の印象UPでくすみを隠すことができます。
また、リップの色に目線を誘導できるため、顔のくすみに気づかれにくくなるのです♪

赤みが強いリップを使うときはマスカラやアイシャドウは控えめの色を選ぶよう足し算引き算を☆

いかがでしたか?
メイクは工夫次第で年齢肌を隠しつつ大人らしさを演出できます♪
いつまでも綺麗な自分で!

Text & Photo by RIE

RIE Instagram アカウント

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254