【プロが教える】そのベースメイク待った!スポンジで塗るファンデーション落とし穴!

2021.4.14 19:30
【プロが教える】そのベースメイク待った!スポンジで塗るファンデーション落とし穴!サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

皆様、ファンデーションを塗る時はどのツールを使っていますか。

ブラシや手、スポンジなど、ファンデを塗る方法はいろいろありますよね。
密着性があり、余分な皮脂も吸収してくれるスポンジは、皆様一回は使った経験があるのではないでしょうか?

ですが、「それでもファンデがうまく塗れない…」という方は要チェック!
今回は、面白いくらいにファンデーションが肌にフィットする使い方をご紹介していきます♪

【関連記事】ここをチェック!メイクの仕上がりをダメにしがちな3つの癖!

■スポンジに直接のせない

リキッドファンデーションをそのままスポンジに乗せていませんか?
リキッドファンデーションをそのままスポンジに乗せていませんか?

スポンジでファンデを塗るのではなく、塗ってあるファンデを密着させるためのスポンジなのです!

スポンジに直接ファンデーションを乗せてしまうと一点にしか液が集中しないのでムラになりやすいです。
またスポンジのキメの中にリキッドが吸収してしまう為、カバー力が半減してしまうのがデメリット。

肌にのせてからスポンジで
肌にのせてからスポンジで

リキッドファンデーションをメイクスポンジで仕上げるときは、いったん指で顔にのせて、内側から外側に向かって力を抜いて伸ばしましょう!

スポンジでトントン
スポンジでトントン

また水ありで使う場合は、トントンとパッティングするようにのせていくことが大事!
こうすることで、ファンデーションがしっかり密着し、崩れにくくなります。

また水分を多めに含ませることで、水々しいお肌になります☆

■崩れやすい部分に

Tゾーンやあごに一手間
Tゾーンやあごに一手間

Tゾーンやアゴなと、夏場に汗をかいてくずれやすい場所には、何も付いてないスポンジでトントンしてみましょう。

リキッドの余分な油分をスポンジのキメが吸いとってくれるので、崩れにくくなり、ナチュラルな肌質に仕上げてくれちゃうんです☆

何もないスポンジで
何もないスポンジで

スポンジの役目は塗る道具というよりも、肌にフィットさせるイメージや余分な油分を吸収するイメージで使ってみましょう♪

いかがでしたか?
季節や気分で使い方を変えて、さまざまな肌感を楽しんでみてくださいね!

Text & Photo by RIE

RIE Instagram アカウント

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100