【プロが教える】マスクメイクに抜け感を♪3つのポイントで洗練メイク

2021.2.26 19:20
【プロが教える】マスクメイクに抜け感を♪3つのポイントで洗練メイクサムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

マスクで出社の日やマスクでランチ。
マスク生活は顔の下半分が隠れてしまうため、トレンドだったリップ勝負は一旦、封印となってしまいましたね。

そのぶん上半分が勝負になり、アイメイクのセンスが問われます!
マスクの時のアイメイクはいつも通りでは×!!

今回はマスク時のアイメイクの“抜け感”ポイントを伝授します!

【別の記事】2021年流行るコスメはこれ!大発表!!

■大事なのはここ

マスクと目までの距離感
マスクと目までの距離感

【マスクの上ライン部分から目の下の間】【目と眉毛の間】ここの距離が近ければ近いほど、くすんで見えやすく暗い印象に…。

少し距離をつけて“抜け感“を出してあげましょう!

■ マスクの上ライン部分から目の下の間

気をつけることは
気をつけることは

この隙間が狭いと、クマにより影ができて目元の印象が暗くなってしまいます。
その為、アイメイクは下瞼に濃いカラーをつけ過ぎるのは厳禁!!

明るめカラーが◎
明るめカラーが◎

明るめのカラーを付けて明るさを出し、広さを出してあげるのがPoint1☆

まぶたのアイシャドウにもポイント
まぶたのアイシャドウにもポイント

次はまぶたにつけるアイシャドウです。
濃いカラーを広げる事により、目と眉毛の距離が近くなって見えてしまいます。

薄いブラウンや淡いボルドーなど、濃すぎないカラーをキワに乗せていくのがpoint2!

■目と眉毛の間

幅が必要!
幅が必要!

マスク生活前は、目と眉毛の距離は少し近い方がホリが深く見え、立体感が出るといわれていました。
ですが、マスクを付けていると“影”が“くすみ”に見えやすいため、少し幅をひろげましょう☆

眉毛にワンポイント!
眉毛にワンポイント!

アイブロウパウダーで、眉毛の上ラインをぼかすように足すのがpoint3!

そうすることで眉毛が上がっていくので、眉毛と目の距離がひろくみえ、“抜け感“を手に入れる事ができます♪

いかがでしたか?
ちょっとした工夫で見せるマスク美人を目指しましょう☆

Text & Photo by RIE

RIE Instagram アカウント

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254