BLUE ENCOUNT、ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の主題歌担当決定

2019.6.21 21:00

BLUE ENCOUNT、ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の主題歌担当決定サムネイル画像

BLUE ENCOUNT

本日、ブルエンことBLUE ENCOUNTが現在行っている全国ホールツアー<BLUE ENCOUNT TOUR 2019 apartment of SICK(S)>の東京・中野サンプラザでの公演内にて、7月13日よりスタートするドラマ「ボイス 110緊急指令室」の主題歌を担当することが発表された。

主演を務める唐沢寿明が勘と行動力で突き進む凄腕刑事・樋口彰吾を演じ、さらに緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかりを演じる真木よう子と初共演を果たすタイムリミットサスペンスとして、すでに多くの注目を集めているこのドラマ。

BLUE ENCOUNTはこのドラマの為に新曲「バッドパラドックス」を書き下ろし、ドラマのストーリーに華を添えている。なお、この「バッドパラドックス」はシングルとして9月11日にリリースされることも同時に発表されている。さらにこの初回盤の特典DVDには本日行われた中野サンプラザ公演の様子も収録されるとのことで、ファンには垂涎の内容になりそうだ。

そして、9月25日の千葉LOOKから11月21日のZepp Tokyoまで全国18箇所、22公演を行う全国ライブハウスツアーも決定、まずはファンクラブであるLIVER’S CREWを対象とした先行受付がスタート。

今年が結成15周年、そしてメジャーデビュー5周年となるメモリアルイヤーを迎えたブルエン。まだまだたくさんのサプライズを用意しているとのことだ。

関連記事

関連リンク