伊藤健太郎、俳優に“ハマっていった”きっかけを明かす「すごい悔しく…」

2019.6.18 20:30

伊藤健太郎、俳優に“ハマっていった”きっかけを明かす「すごい悔しく…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

6月17日、日本テレビ系『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP』に伊藤健太郎が出演した。

14歳でモデルデビューしたという伊藤に対し、くりぃむしちゅー・上田晋也は「『モデルさんになりたいなぁ』とかってあった?子供の頃から」と質問した。

伊藤は「いや、全くなくてほんと全然興味もなかったんですけど、とりあえず服とか好きだったんで、色んな服着れるし、お金もらえるし」とし、アルバイトのような感覚で始めたと話した。さらに、俳優を始めた理由についても「何となく」と明かし、周囲の笑いを誘った。

続けて、蜷川幸雄さんの舞台のオーディションを受けた時のことを振り返り、「モデルのオーディションと同じ感覚で『これどうする?』って言われて『とりあえずやってみようかな』って思って行ってみたら、自分と同世代の子たちがめちゃくちゃ熱入れてやってるの見て、全然お芝居好きとかなかったんですけど、なんかすごい悔しくなっちゃって」とコメント。

「とりあえず『この気持ち納得させるまで続けてみよう』と思って続けたら、どんどんどんどんハマってったというか」と現在に至るまでの経緯を明かした。

関連画像

関連記事