芳根京子、“戦慄の経験”を語る「炎がボッて…」

2019.6.18 17:40

芳根京子、“戦慄の経験”を語る「炎がボッて…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

6月17日、日本テレビ系『世界まる見え!テレビ特捜部』に芳根京子が出演した。

番組内のスタジオトークで、芳根は“戦慄の経験をした”として「お風呂上りにパスタが食べたくなって」と切り出した。

「肩にタオルをかけたまま、お鍋の向こう側にパスタがあったんですけど、それを取った時に、タオルに炎がボッてついて」とし、肩にかけたタオルに鍋の火が引火してしまったと語った。

続けて「ここが焦げました」と髪の毛の先が焦げてしまったことを説明すると、スタジオからは「危なかったね」などと驚きの声があがった。

関連画像

関連記事