篠田麻里子、AKB48オーディションで秋元康に告げられた“落選理由”明かす

2019.6.17 20:00

篠田麻里子、AKB48オーディションで秋元康に告げられた“落選理由”明かすサムネイル画像

6月14日深夜放送のテレビ朝日系『金曜日のどっち!?』に出演した篠田麻里子が、AKB48のオーディションについて語った。

番組の中で、篠田は過去に受けたAKB48のオーディションについて切り出し、「アイドルって大体、モーニング娘。さんだったり、メジャーどころを行くと思うんですけど、私あえてインパクトのある曲を選ぼうと思って、中島みゆきさんの『悪女』を選んだんですよ」と語った。

続けて、この曲が「マリコの部屋へ」というフレーズから始まることを説明し、「『名前を覚えてもらえるだろう』と思ってオーディション受けたら、秋元(康)さんに『あざとい』って言われて落とされたんです」と明かすと、スタジオには驚きの声があがった。

さらに「『落ちた子何人かでアルバイトしませんか?』って言われたんですよ」と補足を加え、AKB48のグッズを売るなどするスタッフとしてアルバイトしていたことを明かした。

関連画像

関連記事