日本で絶大な人気を誇るブロードウェイ作曲家フランク・ワイルドホーン、集大成コンサートのチケット先行販売が開始!

2015.6.12 14:55

日本で絶大な人気を誇るブロードウェイ作曲家フランク・ワイルドホーン、集大成コンサートのチケット先行販売が開始!サムネイル画像

先日からアメリカ演劇界で最も権威のある賞“トニー賞”が話題となっているが、このトニー賞に何度もノミネートされているブロードウェイの作曲家、フランク・ワイルドホーンのベストヒットを堪能できる集大成コンサートが12月に開催されることが決定した。

ブロードウェイ、ヨーロッパはもとより、日本での人気が凄まじく、2001年の「ジキルとハイド」日本初演から、ワイルドホーンの作品は毎年日本で上演されており(2004年を除く)、近年では1年間に3作品以上上演され、来年は「ジキルとハイド」の再演も決まっている。また、今年日本で世界初上演されたミュージカル「デスノート」は今月韓国でも上演が決定。JYJのジュンスが出演するが、ジュンスはワイルドホーンの「ドラキュラ」にも出演していて、韓国でもワイルドホーン作品は人気絶大である。

ミュージカル以外でも、世界1位を獲得したホイットニー・ヒューストンへの提供楽曲「Where Do Broken Hearts Go」や、ソルトレイクシティ五輪の開会式の曲「GOLD」なども手掛け、私生活では宝塚歌劇団の元トップスターの和央ようかと婚約中であるワイルドホーン。

今回の「フランク・ワイルドホーン&フレンズ ジャパンツアー 2015」は、そのフィアンセである和央ようか、ブロードウェイの「ウィキッド」エルファバ役ジャッキー・バーンズ、ドイツのエルファバ役サブリナ・ヴェッカリン、ヨーロッパNo.1俳優トーマス・ボルヒャート、トニー賞ノミネート俳優ダグラス・シルズをキャストに迎え、ワイルドホーンの珠玉の作品を本人のピアノとNYのミュージシャンの演奏でお贈りする豪華なコンサートとなっている。

関連画像