KANA-BOON・飯田が音信不通で捜索願/松山千春、急性喉頭炎悪化で公演中止/辻希美、夫からの“一言”で髪型チェンジ【週間ニュース】

2019.6.15 19:00

KANA-BOON・飯田が音信不通で捜索願/松山千春、急性喉頭炎悪化で公演中止/辻希美、夫からの“一言”で髪型チェンジ【週間ニュース】サムネイル画像

KANA-BOON

この1週間にも様々なニュースがあった。その中で話題となった主な音楽やアーティストに関連したニュースをピックアップし、2回にわたってお伝えする。

◆KANA-BOON・飯田、音信不通で捜索願
6月13日、KANA-BOONのオフィシャルサイトで、飯田祐馬(Ba)が音信不通の為、ライブが中止されることが発表された。オフィシャルサイトでは「6月5日(水)より、飯田祐馬(Ba)と連絡が取れておらず、あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております。」と発表。すでに家族からは警察へ捜索願が提出されているという。また、KANA-BOONは15日に企画ライブ「KANA-BOONのOSHI-MEEN!!」の開催を予定していたが、これについて「中止せざるを得ないという判断に至りました。」とあわせて発表した。そして、翌日にはメンバーも連名でコメントを発表。その中で「連絡がつかなくなる前日も、バンドのこれからについての真面目な話や、他愛ないくだらない話をしていました。」と連絡が取れなくなった前日のことを記していたほか、「メンバーとして、友達として、とても心配です。ただただ無事を祈るばかりです。」という切実な心境が綴られていた。

◆松山千春、急性喉頭炎悪化で公演中止
松山千春が体調不良で、コンサートを中止することを発表した。オフィシャルサイトでは「6月17日(月)・18日(火)に開催予定でした『松山千春コンサート・ツアー2019』名古屋国際会議場センチュリーホール公演は松山千春の急性喉頭炎悪化により公演を中止とさせていただくことと致しました。」と発表。6月初旬から風邪の症状があり「急性喉頭炎」との診断を受けていた松山。6月6日の公演は中止されたものの、10日の大阪は本人の強い希望で開催したという。しかし「翌日『急性喉頭炎』の悪化の症状がみられ医師よりしばらく安静が必要との診断を受け、プロダクション並びに主催者の判断で名古屋公演は中止とさせていただくことと致しました。」として「公演を楽しみにしていたお客様に対しては心からお詫びを申し上げます。」などと謝罪の言葉が綴られていた。

◆辻希美、夫・杉浦太陽からの“一言”で髪型チェンジ
辻希美が、6月11日、ブログで髪型を“アピール”した。辻は「小学生送り出し~私も準備して」「今日は撮影があり出発~」と本日は撮影があることを報告。また「最近、楽だし簡単だからお団子ヘアばかりずっとやっていたらたぁくんに『またその髪型??その髪型好きだね』と言われたので」と、夫・杉浦太陽から髪型に対して指摘があったことを明かし「今日はこちらも簡単だけど編み込み2つ団子にしてみたよ 笑。」とコメントを添え、三男を抱っこしたまま、編み込みのお団子の髪型を見せた自撮り写真を公開した。これに辻は「でも今日は会えないけど」と、本日は夫に会えないことを記しながらも「ブログでアピールしとく 笑。」と仲のいい様子をのぞかせていた。

関連画像

関連記事