バカリズムの“子供との接し方”にネット反響「ステキ」「ほっこりする」

2019.6.14 11:10

バカリズムの“子供との接し方”にネット反響「ステキ」「ほっこりする」サムネイル画像

バカリズム

6月12日深夜、テレビ朝日系『家事ヤロウ!!!』に出演したバカリズムが反響を呼んだ。

番組では、“料理は好きだけど、たまに楽をしたい”という女性の自宅にバカリズム、メイプル超合金・カズレーザー、KAT-TUN・中丸雄一の3人が訪れ、最近流行している『漬けとくだけ料理』を実践する企画が行われた。

その中でバカリズムは、その女性の息子である5歳の子供を愛称で呼び、レシピに関する問題が出されると「何だと思う?」と声をかけるなどして、積極的にコミュニケーションをとった。

また、トングを使って苺を瓶に入れる作業をしていたバカリズムは、自身とキッチンの作業スペースの間にいる子供に「これ使って入れてみる?」とトングを渡して作業を譲り、背後から見守りながら「上手いじゃん!昔やってた?」「学生時代やってた?」とコメントし、周囲の笑いを誘った。

さらに、子供が冷蔵庫の上段に入っている品を取る際には抱っこをしてあげたり、子供がレシピに関する問題をカンニングしていたと知ると「お前やったな?」と言い、じゃれ合う様子を見せた。

この放送後、ネットでは「バカリさんのパパ感もたまらないな…ほんとの親子に見えてきた。ステキ」「子供の相手じょーず」「癒しだなあ笑」「子供への接し方めっちゃよくない??」「なんかほっこりするwww」などの声が数多く寄せられていた。

関連画像

関連記事