嵐・櫻井翔、オリンピック取材で追い込まれたエピソード告白「手ぶらで帰るわけには…」

2019.6.14 7:20

嵐・櫻井翔、オリンピック取材で追い込まれたエピソード告白「手ぶらで帰るわけには…」サムネイル画像

6月12日放送の日本テレビ系『衝撃のアノ人に会ってみた!』に嵐の櫻井翔が出演した。

番組中、櫻井は”衝撃を受けたアスリート”として元陸上選手のウサイン・ボルト氏をあげ、北京五輪の際にインタビューを行ったエピソードについて語った。

「世界各国のメディアがいっぱい集まるわけじゃないですか」と前置きをし、スタッフが朝から10時間以上も場所取りをしていたため「手ぶらで帰るわけにはいかん」と感じたと振り返った櫻井は「プレッシャーがすごかった…」「ほんとにあれは…追い込まれた」と当時の心境を明かした。

また、インタビュー本番のVTRの中で、無事取材に成功した当時の櫻井が「コメントが撮れました。ありがとうございま~す」とはしゃいだ様子をみせると、「はしゃぎすぎなんだよな。すみません、若いんで」と当時の自身の行動を顧みて恥ずかしさをにじませた。

関連画像

関連記事