門脇麦、EXIT兼近考案のギャグを披露しネットで反響「流石のパフォーマンス」

2019.6.5 20:20

門脇麦、EXIT兼近考案のギャグを披露しネットで反響「流石のパフォーマンス」サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

6月4日放送の日本テレビ系『ウチのガヤがすみません!』に門脇麦が出演した。

番組では、自己紹介ギャグが欲しいという門脇に若手芸人が門脇のために考えたオリジナル自己紹介ギャグを披露。その中で気に入ったものを門脇自身が披露するという流れに。

フットボールアワーの後藤輝基が「ギャグとか欲しいの?」と質問すると門脇は「はい。舞台挨拶とかで」と舞台挨拶で自己紹介ギャグを披露したいと語った。これに後藤が「ホンマにやってくれる?」「舞台挨拶とかやったら唐突にそれをやることになるやん」と再度確認すると、「うーん。打ち上げで」とあっさり発言を撤回し、笑いを誘った。

その後4人の芸人がギャグを発表。その中で門脇はEXIT・兼近大樹が考えた「右脇左脇門脇麦です。パーリーピーポー」というギャグを動き付きで披露し、スタジオを笑わせた。また、このほかにも門脇はコウテイ・下田真生が考案したギャグも披露し、再び笑いを誘った。

ギャグを披露した門脇にネットでは「すごい!」「インパクトある」「流石のパフォーマンス」「かわいい!」など反響を呼んた。

関連画像

関連記事