おぎやはぎ矢作、“失礼な一般人への対応”について心境吐露「嫌われるよな…」

2019.6.1 18:45

おぎやはぎ矢作、“失礼な一般人への対応”について心境吐露「嫌われるよな…」サムネイル画像

おぎやはぎ・矢作兼

5月30日深夜に放送されたTBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』に出演したおぎやはぎ・矢作兼と小木博明が、一般人への対応について語るシーンがあった。

矢作は「よくありがちなやつだけどさあ、歩いてたらさあ、後ろからさあ、男2人組だよ。『小木さん!』って言うからさ」と話し始め、「振り向いたらさあ、『写真いいすか?』とか言うから『まあいいけど、俺小木じゃないから』って」とし、相手にそれとなく人違いしていることを伝えたと語った。

しかし、男性たちは矢作が“小木ではない”と伝えても意に介さず、写真撮影を要求してきたとし、痺れを切らした矢作が「矢作だから!」とはっきり伝えると「あ~、はいはいはいはい。いいすか、写真?」となお要求してきたという。

矢作は「もう超腹立つのよ」と怒りを覚えたものの、仕方なく写真撮影には応じたと説明。続けて「『あいつなあ、写真なんか撮んなきゃよかったなあ』とか思いながら帰んだけどさあ、1個反省したんだよ」と語り、「俺さ、他の芸能人からしてみたらすげえ点数稼ぎ的なことやったと思ってさ」とし、矢作が失礼な一般人に快く対応してしまったがために、他の芸能人も快く対応することを求められてしまうのではないかと持論を展開した。

続けて「そういう奴に限って(写真を)撮んなかった芸能人をすげえ悪く言いそうだしね」「他の芸能人から俺、嫌われるよな。そういうことすると」とコメント。

これに対し、小木は「まあね。ちゃんと断る人もいるもんね」「断ることも相手にとってもいいことだからね」と話し、常識的な対応を相手に示すという意味では、断ることも必要なのではないかと見解を示した。

関連画像

関連記事