BEAST、ファンミで新曲「CAN’T WAIT TO LOVE YOU」を初披露

2015.5.22 9:39

BEAST、ファンミで新曲「CAN’T WAIT TO LOVE YOU」を初披露サムネイル画像

5月20日、パシフィコ横浜にてトップクラスの人気を誇るK-POPグループBEASTが、日本では約1年ぶりとなるファンクラブミーティングを開催し、5000人のファンを熱狂させた。

韓国・日本のみならず、昨年は楽曲「GOOD LUCK」が米ビルボード誌によって“2014年のK-POP1位”に認定されるなど、海外での評価も高いBEAST。今年日本で立ち上げた自主レーベル<BEAST MUSIC>のリリース第1弾「ONE」は、配信わずか1時間でiTunes HIPHOPチャート1位を獲得、第2弾「HANDS UP」は、iTunes POPSチャート1位に輝いている。

そんな彼らのファンミーティングでは、自主レーベルよりリリース第3弾となる「CAN’T WAIT TO LOVE YOU」が、5月29日の発売に先駆けて披露された。この新曲はレディ・ガガの楽曲も手掛けているブライアン・リー提供の楽曲で、通常盤の他メンバー6人それぞれのバージョンも含めた8形態での発売となる話題作とあって、この日の初披露はファンには嬉しいサプライズとなった。

また、この他これまでのBEASTのヒット曲「ADRENALINE」「キミはどう?」「12時30分」と、今回が初披露となった「HANDS UP」が歌われ、観客も登壇してメンバーと交流するコーナーにもたっぷりと時間が割かれた。この交流コーナーではメンバーの素顔やキャラクターが浮き彫りになるよう、セットを含めて様々に工夫。笑い声の絶えない中で、リーダーのドゥジュン、作詞作曲も手がけるジュンヒョン、ミュージカル出演も多いヨソプとヒョンスン、MCとしての活躍も目覚ましいギグァン、末っ子のドンウンの優しさや茶目っ気、意外なこだわりが随所に飛び出し、ファンにとっては彼らがさらに身近に感じられるひとときとなった。

ファンクラブミーティングはこの後22日に名古屋、25日に大阪、26に福岡で開催。また東京を皮切りに握手会も予定されている。

関連画像