Superflyニューアルバムに収録される新曲が「熱闘甲子園」のテーマソングに決定

2015.5.20 16:56

Superflyニューアルバムに収録される新曲が「熱闘甲子園」のテーマソングに決定サムネイル画像

Superflyの約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『WHITE』が、いよいよ来週2015年5月27日(水)にリリースされる。そのアルバム『WHITE』の4曲目に収録されている『On Your Side』が、“2015ABC夏の高校野球応援ソング”「熱闘甲子園」のテーマソングに決定した。このためにSuperflyが書き下ろした楽曲となる。

この楽曲はKaty Perryとの共作でBillboard No1も記録し、ヒットソングを多数手掛けるアメリカ、ロサンゼルスのソングライター、Bonnie McKee(ボニー・マッキー)に依頼。志帆のイメージを伝え、壮大なミディアムバラードに仕上がった。作詞を志帆が担当した。
レコーディングではストリングスを入れて、より感動的になるよう壮大さを演出した。通常の歌入れでは1時間も満たない時間で終了するのだが、この楽曲は、志帆の感情が高ぶり過ぎてしまい、涙を流し一時中断するというシーンもあった。今までのSuperflyのレコーディングでは無かった事であり、それ程までに、Superflyが魂を込めて制作した楽曲とも言える。

1915年(大正4年)に「全国中等学校優勝野球大会」(当時は豊中球場で開催)として始まった全国高校野球選手権大会は、この夏、100年を迎え、8月6日(木)に開幕する。
100年の特別な夏、第97回全国高校野球選手権大会を熱く盛り上げる“2015ABC夏の高校野球応援ソング”のために今回書き下ろした楽曲となり、テーマは「人と人とのつながり」。この楽曲を制作するにあたり、下記のようなコメントを寄せている。

 
【Superflyコメント】
この楽曲を制作する前に、過去の映像を拝見させて頂きましたが、涙無しでは観ることができませんでした。その映像を観るまでは、きっと頑張っている球児達に感動するんだろうな、と思っていましたが、甲子園というものが、球児の周りにいる家族や友人の「夢」になっていることに感動しました。『On Your Side』は“人と人とのつながり”をテーマに書きたいと制作に取り組みました。
大切な人を支えたい、大切な人がいるから頑張れる…そんなみなさんの大切な人を思い出させてくれるような曲になればいいなと思っています。力強くもあり、やさしさに溢れた楽曲に仕上がっています。是非、聴いてください。

 
【応援ソング 塩浜昭男プロデューサー(ABC)コメント】
憧れの夢舞台・甲子園、そこに至る努力や葛藤から生まれる汗と涙。番組で大切にしてきたものです。高校野球誕生100年、「熱闘甲子園」35周年を迎える今年、球児たちと支えるすべての人々に響く応援ソングを作って頂きたいと、ドラマチックな曲調とパワー溢れる歌唱力で魅了するSuperflyさんにお願いしました。
“人と人のつながり”がテーマとなった『On Your Side』は、高校野球100年という歴史をも包み込み、脈々と受け継がれた“甲子園球場”のような壮大な曲だと感じています。
歌詞の優しさと力強い歌声が心に刻まれ、皆さんの“そば“にある大切な一曲になればと願います。

関連画像