ロザリーナ、NHKドラマ『長閑の庭』の主題歌に決定&ジャケ写解禁

2019.5.25 18:00

ロザリーナ、NHKドラマ『長閑の庭』の主題歌に決定&ジャケ写解禁サムネイル画像

ロザリーナ

キュートなルックスとザラついた声、エッジの効いたサウンド、忘れられない声とその才能に触れた関係者やクリエイターたちが挙って絶賛するシンガーソングライター・ロザリーナ。

少年サンデー史上で“伝説の名作”と呼ばれた、現在放送中のアニメ『からくりサーカス』ではオープニングテーマを担当している彼女だが、6月2日(日)より放送スタート(BS4Kは5月29日(水)から)するアキヤマ香の漫画原作で、女優・橋本愛が主演のNHKプレミアムドラマ『長閑の庭』の主題歌を担当することが決定した。

また、今作のジャケット写真も同時解禁。こちらは人気女性ファッション誌「mini」によるプロデュースで、彼女の新たな一面が引き出されたヴィジュアルながらもドラマや楽曲の世界観に寄り添ったものになっている。

なお、6月1日(土)発売の「mini」7月号に彼女が誌面に登場する予定だ。

本作『長閑の庭』は、23歳のドイツ文学を学ぶ大学院生の主人公・元子が41歳年上の大学教授に恋をし、「恋の定義」を模索する年の差“恋愛未満ストーリー”で、「Kiss」(講談社)にて2014年3月号から2019年5月号まで連載され、最終回を読んだ読者からは「素晴らしい最終回。終わるのがとても惜しい。」「とても切なくて優しくて美しくて。涙、涙でした。」「最終回、震えるぐらいよかったです。」など絶賛する声が相次いだ作品。

主題歌「ボクラノカタチ」は、本人作詞作曲の書き下ろし楽曲で、ドラマの世界観に寄り添った歌詞とサウンドでドラマに花を添える。

ドラマの放送は6月2日(日)~6月23(日)の計4回放送となるので、原作ファンはもちろん、そうでない人もぜひチェックしてみてはいかがだろう。

【橋本愛コメント】

私が役を通して教授に抱く恋心の、色んな色をしたそれらが一気に胸に湧き出てきました。
痛み、切なさ、それでいて穏やかで、愛おしい。
主題歌はどうしても女の人の声が良いなと思っていて、それは見ていただく方に元子の恋心を主観で感じ取ってほしいためでした。
それがきっと成し得ると確信できたことに感動しています。ありがとうございます。

関連画像

関連記事

関連リンク