霜降り明星・せいや、“家賃17万円のハズレ物件”に住むことになった経緯を告白

2019.5.23 7:00

霜降り明星・せいや、“家賃17万円のハズレ物件”に住むことになった経緯を告白サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

5月21日に放送されたテレビ朝日系『ロンドンハーツ』に出演した霜降り明星のせいやが自宅の家賃や女性関係を暴露された。

番組では、“ウラでこんな事やってました 勝手にバラしていいよねGP”と題し、人気芸人たちが裏ではどのような行動を取っているのかについて周辺から集めた様々な情報をランキング形式で紹介していった。

その中で、せいやと過去に一緒に住んでいたというダブルアート・真べぇから、“最近別れた女医の彼女の前、地元のマドンナと付き合っていたが、あまりに好きすぎて束縛が激しくなり少し電話に出ないだけで浮気を疑うようになった”という情報が寄せられた。

また、最近、東京に引っ越したせいやだが、新居についても“駅から徒歩15分のリビング4畳、寝室4畳、廊下1畳で家賃17万円というハズレ物件だった”と明かされ、これにせいやは「内見もあんまり行けなかったんで、忙しいから」と話し始めると、「(見取り図を)見たら、くつろぐところ9畳って書いてあったんですよ。実際住んでみたら、廊下がすっごい長くて、廊下でほとんど9畳終わってたんです」と笑いを誘った。

「そんな家ないじゃん」などツッコミが入る中、せいやは「『これで16、7万するんや』と思って、『怖っ』と思って窓開けたらめちゃくちゃでかいバルコニーだけあって。僕今、バルコニーにすごいお金払ってるんです」と自宅について語った。

さらに、MCのロンドンブーツ1号2号・田村淳が「自分で探してないんでしょ?」と切り出すと、せいやは「これエグい!真べぇさん!」と情報提供者の名前を叫び、動揺した様子を見せたが、“知り合いの女性に物件選びを任せ契約したが、その女性から合鍵が欲しいと迫られているらしい”という新たな女性関係の情報まで暴露された。

これにせいやは「限界超えてる!僕の芸人の持ってる器の限界超えてる」とコメントし、「『テレビで絶対私のこと言わんといてね』っていう約束で絡んでる子なんで」として、カメラに向かって「これが俺の職業や!ごめんな」と焦った様子で謝罪。

そして「飲み友達の女の子がおって、その子が『家探し得意やから探してあげるよ』みたいな感じで」と多忙なあまり物件探しをその女性に頼んだと明かし、「結局その子の職場に近い家やったんです」とその女性に好都合な物件だったとして、「僕びっくりして」と当時の心境をうかがわせた。

関連画像

関連記事