芳根京子、ももクロとの深い縁を語る「頑張らないとって」

2019.5.22 20:20

芳根京子、ももクロとの深い縁を語る「頑張らないとって」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

5月21日、テレビ東京系『チマタの噺』に芳根京子が出演し、ももいろクローバーZとの仲について語った。

番組では芳根京子をゲストに迎え、笑福亭鶴瓶とトークを展開。その中で、「しおりんとは?」とももいろクローバーZの玉井詩織との仲を振られると芳根は「しおりんは『幕が上がる』の時にご一緒させてもらって、その後『幕が上がる』の舞台やらせてもらった時に仲良くなって。そこからですね」と、2015年に公開された映画『幕が上がる』や、その後の舞台での共演をきっかけにプライベートでも遊びに行くようになったと話した。

鶴瓶から「同じくらいの歳か?ももクロと」と聞かれると「そうですね。あーりんと同い年です」と答え、もももいろクローバーZの最年少メンバーの佐々木彩夏と同じ年であると言い、鶴瓶が「あーりん綺麗になったよ」と言うと「そうですね。『すごい可愛い』と思って。テレビで見るたびに」と同意した。

そして芳根は「夏菜子ちゃんとも朝ドラでご一緒させてもらったんです」と芳根が主演を務めたNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で親友役を演じた百田夏菜子についても触れ、ももいろクローバーZのメンバーとの深い縁を語った。

それに対し鶴瓶は「お互いがこう、ももクロもそうやし、そっちもそうやけどずーっとこう…」とお互いが高め合っていると言い、芳根は「そうですね。同世代の人と会うとやっぱり活力になりますね。『頑張らないと』って思いますね」と同世代の活躍が刺激になると話した。

関連画像

関連記事