グローバルガールズグループ・(G)I-DLE、大ヒット曲『LATATA』で日本デビュー

2019.5.21 11:40

グローバルガールズグループ・(G)I-DLE、大ヒット曲『LATATA』で日本デビューサムネイル画像

(G)I-DLE

2018年5月に韓国デビュー。韓国で最多となる新人賞8冠に輝き、最も注目を集めた6人組グローバルガールズグループ「(G)I-DLE」(ジー・アイドゥル)。デビュー曲『LATATA』はデビューからわずか20日で音楽番組1位を記録し、デビュー曲ながら音楽番組にて3冠達成。その後、リリースした楽曲『HANN』『Senorita』も1位に輝くなど一躍人気アーティストの仲間入りを果たした。

また、「(G)I-DLE」は、リーダーのソヨンを中心に作詞や作曲をはじめ、ダンスの振り付けまでを自分たちで全て行う”セルフプロデュースアイドル”、他アーティストに楽曲を提供する”作曲ドル”(作曲+アイドル)としても話題になっている。

勢い増す中、満を持して2019年7月31日『LATATA』で日本デビューすることが決定した。

デビュー曲『LATATA』は、今までにYouTube総再生回数は約1億2,000万回を記録した韓国でのデビュー曲でもある。また、日本デビュー解禁を前に5月17日~19日の3日間限定で海浜幕張駅構内の看板を全てジャックし、国内外で話題になるなど、すでに国内でも大きな盛り上がりを見せている「(G)I-DLE」。メジャーデビューミニアルバム『LATATA』の詳細は後日発表される予定とのことで、日本はもちろん、世界での活躍が期待されている。

また、日本デビュー解禁に併せて「LATATA」の特設サイトがオープン&日本でのショーケース開催も発表された。特設サイト内ではメジャーデビューミニアルバム『LATATA』についてはもちろん、待望の日本デビューにあたり、メンバーが日本のNeverland(ファンの総称)にコメントを寄せているので、ぜひチェックしてみてはいかがだろう。

 

関連記事

関連リンク