朝ドラ『なつぞら』福地桃子演じる夕見子が北大に合格し歓喜の声続出

2019.5.20 19:35

朝ドラ『なつぞら』福地桃子演じる夕見子が北大に合格し歓喜の声続出サムネイル画像

(C)NHK

本日放送されたNHK連続テレビ小説『なつぞら』で、柴田家の長女・夕見子(福地桃子)の北大受験の結果が送られてきた展開にSNS上では注目が集まっている。

結果通知が入った封筒を受け取ったなつ(広瀬すず)は、「ゆみー!きた!ねぇ、きたよ!」と大声で部屋にいる夕見子を呼び出し、その声を聞いた夕見子以外の家族も結果を知ろうと集まってきた。

すると夕見子は「もう、なんなのさ。そんなに大きい声出さんで」と封筒を受け取り、「一人で見るの」と自分の部屋に戻ってしまう。

なかなか部屋から戻ってこない夕見子に対し、「それが返事でしょ」と半ば諦めモードの母・富士子(松嶋菜々子)。待ちきれず痺れを切らし、部屋を突撃し、部屋で寝ていた夕見子が腕にかかえていた紙を裏返すと、そのには「入学許可書」の文字があった。

「この子、これ(入学通知書)見て気抜けちゃったんだ」と頭を撫でながら、家族はみんなで夕見子の大学合格を喜んだ。

夕見子の合格に対しSNS上では、「夕見子ちゃん、良いよね。夕見子ちゃん主人公のドラマも見てみたい」「送別会での夕見子の挨拶かっこいいわ~」「夕見子の今後も見たい」「札幌に行くってことは、この先十勝のシーンがあっても出てこないってことになるのかなー」など、夕見子の合格を祝う声と、今後東京篇がはじまることによって、夕見子の登場が少なくなることが予想され、早くも夕見子ロスが始まっている。

2人目のヒロインとして話題となっている夕見子。なつの人生とともに、夕見子の人生にも注目していきたい。

関連記事

関連リンク