忌野清志郎、小田和正、YUKIらが参加!矢野顕子の名盤がアナログLP&ハイレゾで蘇る

2015.5.11 14:04

忌野清志郎、小田和正、YUKIらが参加!矢野顕子の名盤がアナログLP&ハイレゾで蘇るサムネイル画像

7月と11月に、矢野顕子のオリジナルアルバム5作品が、それぞれアナログLP盤&ハイレゾ配信で連続リリースされる事が決定した。その第一弾として7月29日にまず『はじめてのやのあきこ』、『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』の2作品が発売される。

『はじめてのやのあきこ』は、当時30周年の節目を迎えた矢野顕子の記念碑として企画され、2006年3月に発売したアルバムである。また、このアルバムのために井上陽水との共作で書き下ろされた「架空の星座」を含む、全7曲は、小田和正、槇原敬之、YUKI、上原ひろみ、忌野清志郎といった超豪華ゲストを迎えて制作された“30周年を迎えた矢野顕子”が見事に表現されたセルフカバーアルバムであり、中でもそれぞれのアーティストの特長に合わせて加えられた矢野顕子流のアレンジは、楽曲のみならず、歌詞にまで至り見逃せないポイントとなっている。

『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』は、2009年に惜しまれながらこの世を去ったロックミュージシャン、忌野清志郎の楽曲を、矢野顕子自らが選曲・レコーディングしたカバーアルバムである。収録楽曲10曲中8曲は、『Home Girl Journey』なども制作されたN.Y.郊外にある矢野顕子のプライベート・スタジオ「PUMPKIN STUDIO(パンプキンスタジオ)」にて弾き語り録音され、伝説のエンジニア吉野金次氏の手により仕上げられた。カバー作品でありながら矢野顕子オリジナル作品のように聴き手を魅了する内容は、まさに忌野清志郎と彼をこよなく愛した矢野顕子の、時空を越えたコラボレーション作品といえるだろう。

また、全5作品のアナログLP&ハイレゾ音源化では、録音時に込められた繊細なピアノのタッチ、楽曲や歌のダイナミズム、そしてアーティスト達の躍動感がそれぞれの特長を持って再現され、CDでは感じる事の出来なかった矢野顕子の“息吹”を感じる事が出来るだろう。特にアナログLP化では、アナログカッティングの第一人者である小鐵徹氏のカッティングにより、「マスターの再現に注力した復刻」ならではの音を愉しむ事が出来そうだ。

さらに、11月にはコンサートホールで収録された矢野顕子の真骨頂とも言える弾き語りアルバム『音楽堂』をはじめ、DSDフォーマットで制作されSA-CDとしてもリリースされている『ホントのきもち』、そして矢野顕子念願のグラミー賞受賞音楽プロデューサー「T・ボーン・バーネット」プロデュースで制作された自身の名を冠した必聴の名盤『akiko』の3作品がアナログLP盤&ハイレゾ配信で予定されている。

矢野顕子と豪華ゲストミュージシャンの吐息をも感じる事が出来そうな作品群、見逃せない。

関連画像