しょこたんバースデーライブに小林幸子、でんぱ組.inc他豪華ゲストが集結!

2015.5.7 20:35

しょこたんバースデーライブに小林幸子、でんぱ組.inc他豪華ゲストが集結!サムネイル画像

5月4日、5日に“しょこたん”こと中川翔子が、バースデーライブ「超☆貪欲生誕祭 30だお! 全員集合!!」を東京ディズニーリゾート(R)内の舞浜アンフィシアターで開催した。2日間4公演で合計約8,000名のファンがしょこたんの誕生日を祝った。

いよいよLevel30(30歳)を迎えることとなったしょこたん。2日公演の初日の4日は20代最後のライブとして、誕生日当日の5日は30歳になって初のライブとして、大きな節目を迎えるに相応しい豪華なゲスト陣を迎え、驚き満載の演出で盛大なバースデーライブとなった。

今年は、アンフィシアターの円形ステージをフル活用し、センターステージをぐるりと囲むように360度観客席を配置。通常の客席の向かい側、ステージ上に設けられた席は、パフォーマンスシートと呼ばれ、中川翔子のライブに合わせ、共に振り付けを行い、一緒にライブを作りあげる形となった。

「貪欲大陸」と銘打たれた、中川翔子の半生を振り返る映像が流れると、会場は一斉にサイリウムが灯り、大歓声に包まれた。映像が終わると、円形ステージ中央がせり上がり、イチゴがあしらわれたバースデーケーキのような衣装で登場した中川翔子は第一声、「Level30バースデーライブ始まるよ!伝説の幕開けになるように一緒に楽しんじゃおう!」と観客を煽り、1st single「Brilliant Dream」、2nd single「ストロベリmelody」を続けざまに披露。

「今日は人生の走馬灯になるようなライブにしたい。歌という魔法があったからこそ、ここまで来れた。今日が新たな幕開けになるように一緒に盛り上がっていきましょう!」と語り、これまでリリースしてきたシングル収録曲を披露した。

映像の中で中川が「ラスボスが登場する!」と、本日最初のゲストを紹介すると、真っ赤なドレスに身を包んだ小林幸子が登場。会場も真っ赤なサイリウムに照らされる中、「さちさちにしてあげる」を軽快に歌い上げた。会場から、「幸子!」と歓声が上がる中ステージに登場したしょこたんは感激を露わにし、「初めて映画を見て号泣したのは、 『ミュウツーの逆襲』でした。あの映画の主題歌をまさか、今日、小林幸子さんとデュエットできるなんて!」と語り「風と一緒に」を小林幸子と共に歌った。

続いて登場したスペシャルゲストは、でんぱ組.inc。しょこたん▼でんぱ組として、4月29日に発売となったばかりの最新シングル「PUNCH LINE!」をパフォーマンス。自己紹介コーナーでは、でんぱ組.incのメンバーと共に作ったという、スペシャルなアイドル式自己紹介を初披露。さらに、ライブ定番曲ともなっている「pretty please chocolate on top」をでんぱ組.incと共に歌唱した。

アンコールで再登場した中川翔子は、「レベル30をどうやって迎えればよいのか、正直不安だった。でも、いざ迎えてみると新鮮で、すがすがしくて。ライブが、音楽の美しさを教えてくれた。一人じゃなかった!中川翔子、レベル30“ぼっち”を卒業します!」と宣言。その声に応えるように、ドラゴンボールのべジータの声が会場に鳴り響き、しょこたんに“ビッグバンアタック”をくらわせる演出が。その直後、べジータ役の声優、堀川りょう、ステージで共演したでんぱ組.inc、小林幸子、前説を担当したあばれる君、作詞家の岩里祐穂、meg rock、そしてアーティストのたむらぱんなど、しょこたんと親交の深い超豪華なゲスト陣がステージに集結。最新シングル「PUNCH LINE!」にちなみ、スカートから除いたパンツに“Lv.30”の文字が描かれたユニークなバースデーケーキが登場。「脱・ぼっち」宣言をしたばかりの中川翔子の誕生日をステージ上でみんなでお祝いした

ラストは「愛いっぱい、せいいっぱい」を歌唱。パフォーマンスシートの観客全員でパネルを使って大きなハートマークを作り、全21曲に及ぶ記念すべきライブは幕を閉じた。

関連画像