2020年1月上演『デスノートTHE MUSICAL』甲斐翔真が夜神月役に決定

2019.5.13 21:15

2020年1月上演『デスノートTHE MUSICAL』甲斐翔真が夜神月役に決定サムネイル画像

提供:ホリプロ

2020年1月上演『デスノートTHE MUSICAL』応募総数2416名の主役オーディションで、夜神月役に甲斐翔真(かい・しょうま)が決定した。

ブロードウェイの作曲家である鬼才フランク・ワイルドホーン氏×日本を代表する演出家・栗山民也氏×グラミー賞受賞ジェイソン・ハウランド氏のコラボレーションにより、集英社「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒット漫画「DEATH NOTE」(原作:大場つぐみ 漫画:小畑健)が、日本発世界へ向けたオリジナルミュージカル『デスノートTHE MUSICAL』として上演される。

2015年の世界初演を皮切りに、日本国内のみならず、ライセンスの輸出による韓国版公演、更には日本人キャストによる海外公演でも大成功をおさめた本作が、2020年、オール新キャストで上演される。

先日、その新キャストとして、新・夜神月役(ダブルキャスト)に村井良大、新・エル役に高橋颯ほかが発表されたが、遂にオーディションによって夜神月役が決定。

応募総数2416名の中から、新・夜神月役に選ばれたのは、2016年「仮面ライダーエグゼイド」でデビュー以降、ドラマ、映画と話題作に立て続けに出演し、2019年ブレイク必須と注目される甲斐翔真だ。舞台未経験ながら、オーディションで見せた真っ直ぐかつエネルギー溢れる歌声と演技が高く評価され、今回の起用が決定した。

初舞台・初ミュージカル・初主演・となる甲斐翔真が2020年1月、どんな夜神月を見せてくれるのか。注目の若手俳優からベテラン実力派まで幅広いキャストの揃った、新『デスノートTHE MUSICAL』に注目が集まっている。

【夜神月役 甲斐翔真のコメント(ダブルキャスト)】

『デスノートTHE MUSICAL』で初舞台を踏ませて頂きます。素晴らしいキャストの皆さんとご一緒させて頂けることを心より嬉しく、光栄に思うと同時に、この大きな舞台に立たせて頂く興奮と不安が、同時に押し寄せております。

もともとミュージカルが大好きで、いつか自分も舞台に立ちたいと強く思っていたので、今作品のオーディションを絶対に決めたい!!と臨みました。プレッシャーもありますが、栗山さんのご指導のもと、とにかく公演に向けて日々鍛錬していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

関連画像

関連記事

関連リンク