橋本環奈、彼氏役を演じた俳優との向き合い方を明かす「好きになってても…」

2019.5.14 7:40

橋本環奈、彼氏役を演じた俳優との向き合い方を明かす「好きになってても…」サムネイル画像

(c)杉江拓哉(TRON)

5月12日、フジテレビ系『ボクらの時代』に出演した橋本環奈が、作品中の相手役との向き合い方について語った。

番組内で恋愛についてのトークが繰り広げられる中で「環奈ちゃんイケメンとかあんまこだわりないって言ってたじゃん」と出演者のきゃりーぱみゅぱみゅが切り出すと、同じく出演者の最上もがも「(橋本は)イケメンと日々さ、会うじゃん。撮影とかで一緒にしてると、イケメンにイケメンと思わなくなっていくんじゃないかな」とコメント。

それに対して橋本は「ちょっとそれわかるかも…。『慣れたのかな、自分』みたいな」と笑いながら答えた。

さらに最上も自身の体験を踏まえて「(共演男性に対して)ぜんぜん誰もイケメンと思わない!」と語ると「わかります!“イケメン、きゅん”みたいなのないです」と橋本も身振りを加えて同意した。

また、芝居経験がないというきゃりーから「彼氏役とか(相手を)好きな役とかで、ほんとに気持ちが『あれ?これ私好きか』ってなったりしないのかなって」と、恋人役になった相手を本当に好きになってしまうことはないのかと質問が投げかけられると、橋本は「その(撮影)期間、彼氏役とか自分が好きな役をやってたら、いいところを見つけようとは思うかもしれないですね」「(好きになる)努力をしようとは思うかもしれない」と回答した。

そして「役としての人を好きになっちゃったら、絶対ギャップはあるしね」という最上の言葉に橋本は「そうかも」と同意をした上で「(相手を)好きになってても、結局クランクアップしたらあえて自分で自制しようと思うかもしれないですね」と、真剣な表情で語った。

関連画像

関連記事