Superflyが竹内まりやとコラボ。ニューアルバム初回生産限定盤付属カバーミニアルバムで本人がボーカルとして参加

2015.5.1 13:32

Superflyが竹内まりやとコラボ。ニューアルバム初回生産限定盤付属カバーミニアルバムで本人がボーカルとして参加サムネイル画像

Superflyの約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『WHITE』が2015年5月27日(水)にリリースされる。

先日発表されたが、その初回生産限定盤には、桑田佳祐『Blue~こんな夜には踊れない』、竹内まりや『Sweetest Music』、井上陽水『帰れない二人』、RCサクセション『スローバラード』(※この音源は、2012年RISING SUN FESTIVALのライブテイク)、佐野元春『楽しい時-Fun Time』の5曲が収録される。

そしてM-2に収録される竹内まりやの『Sweetest Music』に、竹内まりや本人がボーカルで参加している事が明らかになった。この楽曲をカバーするにあたって、Superfly志帆は、「竹内まりやさんの武道館ライブで初めてこの曲知りました。ライブ中に、あまりにもカッコよくて体中が熱くなったのを覚えています。いつかカバーさせて頂きたいと思っていました。」と語っていた。まさに夢のコラボレーションとなった。

当日、志帆は緊張しながらも、終始和やかなムードでレコーディングは終了。今回の参加に関して志帆は「憧れの楽曲を、憧れの大先輩とデュエットさせていただき、本当に幸せなひと時でした。スタジオで、生の歌声を聞かせていただいた時、まりやさんのカッコよくも深みのある歌声に衝撃を受け、全身が震えました。まりやさんとのデュエットは、宝物です!素晴らしい機会を与えていただき、心から感謝しています。」と熱く語った。

そして「こうやって30年前の楽曲を蘇らせてくれて嬉しい。」と、竹内まりやも語った。

この豪華なコラボレーションを是非、聴いて頂きたい。

関連画像