HUSKING BEE、結成25周年の節目にオールタイムベストをリリース

2019.5.8 12:00

HUSKING BEE、結成25周年の節目にオールタイムベストをリリースサムネイル画像

HUSKING BEE

1994年の結成以来、実に25年に渡って日本のパンク・メロコアシーンの先駆者として走り続けているロックバンドHUSKING BEEが、その四半世紀の活動を凝縮したオールタイムベスト・アルバムを7月3日にリリースする。

PIZZA OF DEATHからリリースした初期代表作「GRIP」を始め、トイズファクトリー在籍時代の作品、メジャー復帰作「Suolo」から最新アルバム「Lacrima」収録の楽曲。更にインディーズ時代の音源や、スプリット作品やアナログ盤にのみ収められていたレア曲等、これまでにリリースした全作品から選りすぐった33曲が2枚組のアルバムに収録されており、コアファンから初心者まで楽しめる内容となっている。

また、歌詞ブックレットとは別に、結成初期からの写真やフライヤー等、今となっては貴重なアートワークが盛り込こまれた40ページに及ぶボリューム感たっぷりの特別ブックレットも封入されるが、こちらはシーンを代表するクリエイターであるIWATA ROOM / 7STAR DESIGNが手掛けている。

7月からベスト盤リリースに合わせた全国ツアーも決定しているとのことなので、その詳細情報も楽しみに待ちたい。

関連画像

関連記事

関連リンク