ベッキーのブレイク当時の裏側を妹が語る「かわいそうなぐらい…」

2019.4.23 20:15

ベッキーのブレイク当時の裏側を妹が語る「かわいそうなぐらい…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

4月22日、日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話』にベッキーが出演した。

番組ではベッキーと妹・ジェシカが出演し様々なトークを展開。その中で2人は20年以上暮らした実家に訪れ、ベッキーが小さい頃からテレビが大好きで“ベッキーがテレビを見出したら皆ベッキーに話しかけたらいけない”という家庭内のルールがあったと振り返った。

さらに14歳で芸能界デビューし、超売れっ子となったベッキーの当時についてジェシカは「いやもう大変でしたよ。かわいそうって思っちゃいけないんだなと思って、本人はやりたくてやってるから」と心境を明かし、「玄関で荷物バンって置いてもうお風呂に飛び込んでベットに来て、あとは身の回りのものは家族にちょっとお願いっていうレベルで」と仕事が終わり帰宅したら自分のことも手につかない状況だったと話した。

さらにジェシカは「髪の毛乾かしてましたもん」とベッキーの髪を乾かすのを手伝っていたとして「右腕あげてこうやってやるのもかわいそうなぐらい本当に疲れてたから」とベッキーが腕をあげることすらできないほど疲労していたと振り返った。

関連画像

関連記事