Ayasa、7月1日にミニアルバム2ヶ月連続配信

2019.4.25 15:00

Ayasa、7月1日にミニアルバム2ヶ月連続配信サムネイル画像

Ayasa

5弦ヴァイオリニストのAyasaが7月1日に7枚目のミニアルバム「CHRONICLE VII」を全世界配信する。6月1日配信予定の6枚目「CHRONICLE VI」に続き、2ヶ月連続のリリースとなる。

「CHRONICLE VII」はスタイリッシュな「VI」から一転、Rock色の強い熱いアルバム。もともとAyasaは「Evanescence」や「Nightwish」をフェイバリットに上げるほどの洋楽好き。昨年来日した「EPICA」の前座をやった折に彼らの演奏に感動し、自身もこのジャンルの作品を作ってみたいと密かに思っていたという。そこへ欧州、北米進出の際には「シンフォニックメタル」も1つの武器になるという海外からの意見もあり、この企画がスタートした。折しも中国のSNSでオリジナルバラード「告白の夜」が10億再生され、アジア圏からのオファーが殺到する中、更なるインストの新境地を示す事になる。

今回の原盤はロス在住の宅見将典をComposer & Producerに迎え制作。M2の「PIDE PIPER」にはGuest Guitarとして高崎晃(LOUDNESS)が参加している。ビジュアルは「CHRONICLE V」に続きクリエーターのHASEO が担当し、比類なきHASEOワールドが炸裂。正に各界の世界水準のサポートを得てAyasaのヴァイオリンも更に高いステップへと昇華している。

5月3、4日東京で行うワンマンライヴでは一足先にこの「CHRONICLE VII」収録曲が披露される。

『CHRONICLE VII』

1.亡霊たちの舞踏会
2.PIDE PIPER
3.終末決戦
4.見果てぬ夢
5.SWAN SONG

5 string violin:Ayasa
Guitar, Bass, Drums, Piano:宅見将典
Guest Guitar:高崎晃 from LOUDNESS (M2)
Vc:水野由紀(M3)

Composed & Produced by 宅見将典
Drum tech 渡辺幸治(NAVE-TECH)
Recorded & Mixed by 小寺秀樹
Recorded at Burnish Stone Recording Studio

Photographer: HASEO
Stylist: 川崎史裕, さくらあんず
Accessories: さくらあんず
Hair Make: Paulo Ricardo
Assistant: 速水土岐文, 吉川 みな
Special Effects Artist : ハタナカマコト(T-STUDIO)

関連画像

関連記事

関連リンク