玉木宏、幼少期に付けられた“あだ名”を振り返り「毎回イライラして…」

2019.4.17 20:00

玉木宏、幼少期に付けられた“あだ名”を振り返り「毎回イライラして…」サムネイル画像

4月16日、テレビ東京系『ありえへん∞世界』に玉木宏が出演した。

番組では、俳優陣に起きた衝撃事件を元にトークを展開。その中で、“小学生時代のあだ名が衝撃”と紹介された玉木は「小学生の時に散々言われましたけど」と切り出し、「玉木っていう名字なので『タマキン』って…」と幼少期に名字をもじったあだ名でからかわれていたことを明かした。

関ジャニ∞の村上信五に「子供がつけるやつですからね」とフォローされると玉木は「毎回イライラして殴りかかってました」と発言するとスタジオは笑いに包まれた。

さらに、村上から「小学校6年間ずっと言われるわけですもんね」と振られると玉木は「ずっと殴りかかってましたね」とあだ名にまつわる当時の苦い思い出を振り返った。

関連画像

関連記事