ゴールデンボンバー・鬼龍院翔、新元号ソング『令和』制作裏話を語る「便乗させていただきました」

2019.4.11 21:00

ゴールデンボンバー・鬼龍院翔、新元号ソング『令和』制作裏話を語る「便乗させていただきました」サムネイル画像

ディア・フレンズ

4月15日(月)に放送される、坂本美雨がパーソナリティをつとめる『ディア・フレンズ』(月~木11:00~11:30 TOKYO FMをはじめとする全国38局ネット)の番組ゲストに、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が登場する。

ゴールデンボンバーは、先日、4月1日に新元号「令和」と同タイトルの新曲を発表。新元号発表の1時間後にはPVが公開された。放送では「新元号に便乗させていただきました!」という鬼龍院翔が、いつからの構想か、楽曲制作秘話、最速での制作を目指して行われた現場の舞台裏などを明かしているという。

またパーソナリティの坂本美雨から「美しい字でした」と感想が伝えらえた、プロモーションビデオ内で書かれた「令和」の書の字は、(ゴールデンボンバーの)所属事務所のスタッフに偶然、書道の師範の位を持っている人がいたので書いてもらったなどのこぼれ話も飛び出した。

また、令和に元号が変わるまでにやっておきたいことを尋ねられ、趣味も物欲もなく、ほとんどお金を使わないという鬼龍院翔が答えた、坂本美雨から「それはダメです!」とツッコミを入れられた回答にも注目だ。

関連画像

関連記事