カズレーザー、新元号と自身の名前の“ニアミス”に驚きと仕事への影響明かす

2019.4.12 7:10

カズレーザー、新元号と自身の名前の“ニアミス”に驚きと仕事への影響明かすサムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

4月10日深夜、テレビ朝日系『家事ヤロウ!!!』に出演したメイプル超合金のカズレーザーが新元号発表の瞬間を振り返った。

番組冒頭、バカリズムはカズレーザーに「新元号おめでとうございます」と投げかけ、カズレーザーは「ありがとうございます」とコメント。新元号が『令和』なのに対し、カズレーザーの本名が『和令』で、ニアミスであると紹介された。

カズレーザーは「発表をテレビで見てて」と新元号発表の瞬間を一緒に暮らしている芸人仲間と見ていたとして「マジで手の込んだドッキリだと思った」と振り返り「クソ手の込んだドッキリ仕掛けんじゃねえか」「これどう笑いに変えるんだ?」と当時の心境を明かした。

さらに一緒に見ていた芸人仲間についても「皆『カズさんじゃないですかー!』って言ってくるから、『こいつら芝居下手だな、めんどくせぇな』」と思っていたとして、ドッキリだと信じ切っていた様子をうかがわせた。

バカリズムが「この番組もねぇ、縁起がいいですよね」と言うとカズレーザーは「全く仕事は増えてませんけれども」と新元号が発表された後も仕事の量は増えていないと明かし周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連記事