【AK-69全国ホールツアーレポート】大阪公演で女性レゲエトップシンガーの「PUSHIM」と共演

2015.4.3 11:26

【AK-69全国ホールツアーレポート】大阪公演で女性レゲエトップシンガーの「PUSHIM」と共演サムネイル画像

闘う男、プロアスリートに圧倒的な支持を受けるHIP HOPアーティストAK-69。総動員数25,000人超の全国ホールツアー「HALL TOUR 2015 FOR THE THRONE」大阪公演が、先日3月29日(日)に開催された。

関西圏では2012年に開催されたZepp大阪公演2年振りの大型キャパのライブ。一体どんなステージを魅せてくれるのか、2000人を超えるオーディエンスは皆期待を膨らませていたことだろう。また、本公演にはスペシャルゲストとして、地元大阪を超え今やジャパニーズ・レゲエ・No.1シンガーであるPUSHIMが出演することも大きなトピックの一つだ。本ツアーでは各公演、地元アーティストが参加する形をとっているが、いずれもHIP HOPシーンで活躍するアーティストであり、他ジャンルのアーティストの参加はここ大阪が初である。

開演時間を5分押しで本編がスタートすると、待ちわびたオーディエンスは総立ちで歓声を上げた。間髪入れずに連続で楽曲を披露するAK-69に会場中は両手を上げて応える。

一気に前半戦を駆け抜け、呼び込まれたのはスペシャルゲストのPUSHIM。ドレッシーな黒の衣装で登場した彼女は、文字通り第一声で会場中の空気を変えた。わずか2曲だけではあったが、魂に響くその歌声はまさに圧巻であった。

そして、ライブ後半戦に再び登場。AK-69のニューアルバムに収録されているDJ RYOW名義の楽曲”#IDWT -In Dreams We Trust feat. AK-69 & PUSHIM -REMIX-“を2人で初披露した。会場を一つにしたこの曲が本公演のハイライトだったと思う。

「AK-69のワンマンに初参戦しました。彼と知り合う前から、彼の音楽や表現力はとてもストイックなイメージがありましたが、レコーディングやライヴでの共演そして間近で拝見したパフォーマンスを通して、私は彼の「覚悟」を強く感じました。AK君の言葉や動きの全てを固唾を飲むように聞き入れ、憧れに満ちた目で見入るファンに、道を開くような存在。その事を一番分かっているのは、AK-69本人なんだと、同じアーティストとして痛感しました。尊敬します。and Nuff Love…」(PUSHIM)

「多忙な中、こうやって自分のステージに出演して頂けること自体、非常に光栄な事。PUSHIMさんの歌声には魂を震わせるパワーを感じます。本当にありがとうございました。」(AK-69)

HIP HOPとレゲエ。それぞれのトップに君臨し、そしてリスペクトし合う2人の共演には、今後新しい何かが生まれるような期待をせざるを得ない。

次回公演は今週末の4月4日(土)愛知県芸術劇場。いよいよAK-69の地元である愛知公演が開催される。スペシャルゲストにはレーベルメイトでもある”E”qualとKJI、そしてAK-69が自身のルーツであると公言しているG.CUEの緊急参戦も先日アナウンスされたばかりだ。チケット発売後、即SOLD OUTとなった地元愛知公演もまた特別な一夜になるに違いない。

関連画像