菅原紗由理、10周年記念ワンマン成功!CloverWorks×maxilla豪華クリエイター陣によるアニメMVが完成

2019.4.9 18:00

菅原紗由理、10周年記念ワンマン成功!CloverWorks×maxilla豪華クリエイター陣によるアニメMVが完成サムネイル画像

菅原紗由理

4月8日に菅原紗由理デビュー10周年を記念したワンマンライブ『THE SxPLAY“My First History〜菅原紗由理10周年記念ワンマンライブ〜”』が代官山LOOPにて行われた。

ライブは“菅原紗由理”名義の楽曲から、改名後の“THE SxPLAY”名義の楽曲まで、新旧織り交ぜた形で17曲を披露。菅原紗由理としてのライブは2013年以来でもあり、一夜限りのスペシャルライブは大成功を収めた。

そして、ライブから一夜明けた本日4月9日には、2018年12月から制作が行われていた『Forキミに贈る歌』のアニメーションMVがYouTubeにて遂に解禁された。

今作MVのディレクターを務めるのは実写MVを多く手掛け、スタイリッシュな映像を得意とするビジュアルプロダクションmaxilla。アニメーション制作はアニメ制作会社CloverWorksで、THE SxPLAY(菅原紗由理)とは山田悠介『僕はロボットごしの君に恋をする』アニメPV以来のタッグとなっている。

キャラクターデザイン・アニメーションを鈴木大(「アイドルマスターミリオンライブ!」)が手掛けるなど、豪華メンバーがコラボレーションして制作する。この楽曲は、菅原紗由理のデビュー曲『キミに贈る歌』のアンサーソング的な形で、2018年に配信限定でリリースされた。

【THE SxPLAY(菅原紗由理)セルフライナーノーツ】

『相手をいくら大切に思っていても、どうにもできないこと。大切だと思っているからこそ、決断をしなきゃいけない時など、そんな場面は、きっと一度はあると思います。
あの時こうしていれば良かったのかな?とか、もっと歩み寄っていたら、何か違っていたかな?とか、考えるほど「かな?」が、いっぱい。
当時の自分にとっては、つらい経験だったはずが振り返ると、胸が熱くなるような、かけがえのない時間になっていたりする。
大切な人を思い浮かべながら聴ける、そんな曲になってほしいです。』

関連画像

関連記事

関連リンク