JABBA DA FOOTBALL CLUB、ソニー・ミュージックよりメジャーデビューを発表

2019.4.6 22:00

JABBA DA FOOTBALL CLUB、ソニー・ミュージックよりメジャーデビューを発表サムネイル画像

JABBA DA FOOTBALL CLUB

4人組ヒップホップグループ“ジャバ”ことJABBA DA FOOTBALL CLUBが、2019年6月にソニー・ミュージックよりメジャーデビューする事を発表した。

JABBA DA FOOTBALL CLUBは、東京のライブハウス・クラブを中心に活動する4人組ヒップホップグループ。2017年に発表した楽曲「STAY GOLD, LIFE GOES ON」が注目を集め、その楽曲が収録されているアルバム「OFF THE WALL」が都市部の若者の間でカルトヒット。

同年のSpotifyが選ぶ注目新人アーティスト“Early Noise”に選出され、記念すべき第1回イベントの大トリとしてシンガーのRIRIやバンドWONKなどと共演。

翌年にリリースされたEP「FUCKING GOOD MILK SHAKE」ではKick a showの客演やTempalayのアンセム「革命前夜」を大胆にサンプリングした楽曲が話題を呼び、タワーレコードが選出するインディーズアーティストの登竜門“タワレコメン”に選出された。

同年に開催された初の全国ワンマンツアーファイナルではSHIBUYA WWWでの公演を成功に収める他、サマーソニック・フジロック・BAY CAMPなどの大型フェスに相次いで出演し、活発に活動と昨今のヒップホップシーンの中でもずば抜けてポップな存在として俄かに話題を集めていたグループだ。

メジャーデビューが発表されたのは、ジャバが現在所属しこれまでの作品をリリースしてきたレーベル“OMAKE CLUB”と80KIDZなどが所属するレーベル“PARK”との合同イベントとして代官山UNITで開催された“OMAKE PARK”。ジャバはイベントの大トリとして出演し、そのステージ上でメンバーからサプライズ発表された。

発表後、メジャー・デビュー曲『新世界』をステージでそのまま初披露。タイトルの通り、ドヴォルザークの「新世界より」を大胆にサンプリングして強烈なインパクトを持ちながら、まさに一歩新しい世界へ踏み出す彼らのリアルな姿勢がエモーショナルに表現され、新たなスタートを切るにふさわしい楽曲となっていた。

ジャバのメジャーデビューシングル『新世界』は2019年6月5日発売。メジャーデビューを記念して、全国ツアー「新世界体験記 ~飛び出しちゃってゴメンなさい~」も東名阪で開催されることが決定、最速オフィシャル先行が4月7日(日)正午よりスタートとなる。

ファイナル公演は、デビューを発表した代官山UNIT。メジャーデビューシングルをリリースし、ツアーを経て「新世界」を体験し進化したジャバの姿がどうなっているのか、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連記事

関連リンク