辻希美&加護亜依W復活で2ショット公開/金爆、新元号ソング「令和」が話題/Janne Da Arc解散発表【週間ニュース】

2019.4.6 19:00

辻希美&加護亜依W復活で2ショット公開/金爆、新元号ソング「令和」が話題/Janne Da Arc解散発表【週間ニュース】サムネイル画像

ゴールデンボンバー

この1週間にも様々なニュースがあった。その中で話題となった主な音楽やアーティストに関連したニュースをピックアップし、2回にわたってお伝えする。

◆辻希美&加護亜依W復活で2ショット公開
元モーニング娘。の辻希美が3月31日、自身のブログを更新し、加護亜依との写真を公開した。3月30日に開催された『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019』に出演した辻は“W(ダブルユー)”として13年ぶりに加護と同じステージに立った。ライブ終了後にはブログに「13年越しの辻加護 ダブルユー でぇ〜す」として2ショット写真を掲載。「今日のひなフェス 緊張したけど、もぉ〜最高に 楽しかったです」「やっぱり最高、最強の私の相方 あいぼん 一緒に立つステージは凄く安心感があり、自分にもの凄いパワーが出ます」と加護への思いを覗かせ、さらに、「13年という長い時間がかかりましたが 長い時間がかかったからこその感動や有り難みを感じる事ができました」とコメントしていた。

◆Janne Da Arc解散発表
4月1日、Janne Da Arcが解散することを発表した。解散に際しては、ベーシスト・ka-yuの脱退がきっかけだったとして「最終的には、yasuが現在、身体の治療ゆえアーティスト活動そのものを休止中であり、現時点でJanne Da Arcとしての新しい提案や具体的な指針を示すことをお約束出来ない状況の中、4人のJanne Da Arcを宣言することは非現実的な上、とてつもなく誠意を欠くものであり、5人でのJanne Da Arcの活動の可能性を失くした今、平成31年4月1日をもってJanne Da Arcを正式に解散するという発表を、ka-yuの脱退報告と同時にさせて頂くことがファンの皆様への最低限のけじめであり礼儀ではないか、という結論に至り、今回のご報告ということになりました。」と理由を説明した。ka-yuに関しては、3月31日をもってJanne Da Arcを脱退、所属事務所を退社したという。文書の中では「長きに渡りずっとJanne Da Arcを応援をして頂いているファンの皆様に、このような残念なご報告をしなければならないことを心苦しく思うと同時に、深くお詫びをさせて頂きたいと思います。本当に申し訳ございません。」というお詫びの言葉も綴られていた。

◆金爆、新元号ソング「令和」が話題
4月1日の新元号発表にあわせ最速でリリースされた、ゴールデンボンバーの新曲「令和」が大きな話題となった。今作は、新元号の発表に合わせてどこよりも早く制作・発表・発売するべく、当日制作の模様をLINE LIVE・フジテレビにて生中継していた。生中継で新元号が発表され、すぐさまレコーディング・ジャケットの制作・ミュージックビデオの撮影に取りかかるという未だかつてない試みにSNSでは「仕事が早すぎる!」「もう流石としかいいようがない」という声があがり、盛り上がりをみせた。新曲はポップなダンスミュージックで中毒性の高いナンバーで、発表からわずか1時間後にはYouTubeにMVが公開されると、急上昇ランキングでは1位となり、4日には400万回再生を突破した。また、その日のうちに各配信サイトでも楽曲配信が開始され、ランキング1位を獲得するなどしていた。

関連画像

関連記事