今注目の歌詞ランキング1位はあいみょんの新曲!ゴールデンボンバー、ラストアイドルらもランクイン

2019.4.6 17:45

今注目の歌詞ランキング1位はあいみょんの新曲!ゴールデンボンバー、ラストアイドルらもランクインサムネイル画像

あいみょん

歌詞検索サービス「歌ネット」が、4月4日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にあいみょんの「ハルノヒ」が初登場。2019年4月17日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり(単曲先行配信は4月3日スタート)、4月19日から公開の『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』主題歌として書き下ろされた。歌詞には<「お帰りなさい」と 小さく揺れる影を踏む幸せ>など、人生のなかでふと考える“幸せ”についての想いが綴られている。

3位には、上白石萌音×内澤崇仁(androp)の「ハッピーエンド」が初登場。2019年3月21日から公開されている上白石萌音の主演映画『L・DK』主題歌として書き下ろされ、4月5日に配信リリース。作詞・作曲を手がけた内澤は、歌ネットのインタビューでこの歌詞について「萌音さんに一番似合う言葉遣いやフレーズをチョイス」し、具体的シーンの描写に関しては「恋愛ドキュメンタリー番組を観て学び、世界観を作った」と語った。さらに<あと1センチが遠いよ苦しい… だめだ だめだ 期待したってどうせ>という内澤イチオシフレーズの歌声にも注目だ。

4位には、ラストアイドルの「大人サバイバー」が初登場。2019年4月17日にリリースのニューシングルタイトル曲である。彼女達は、AKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきたヒットメーカー・秋元康が、新たなアイドルグループを誕生させるべく、2017年8月にスタートした同名オーディション番組から生まれた究極のアイドルグループ。尚、今作の「大人サバイバー」はメンバー52人全員で歌われている。

5位には、ゴールデンボンバーの「令和」が初登場。新曲「令和」は、楽曲をある程度完成させた状態で、1日の午前11時からSNSで生配信を開始。新元号の発表を受け、未完成部分をレコーディングした。急ピッチで仕上げて同日、配信販売を開始。2019年4月10日にはニューシングルとしてCDリリースされる。新元号最速ソングとしてすでにテレビ番組で初披露もされ、話題になっている。

10位には、スガシカオの「遠い夜明け」が初登場。2019年4月17日にリリースされるニューアルバム『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』の収録曲であり、真木よう子主演のドラマ『よつば銀行原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』主題歌として書き下ろされた。すでに先行配信がスタートされているので、ひと足先に歌詞と併せてチェックしてみてはいかがだろうか。

【2018年4月4日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 ハルノヒ/あいみょん
2位 好き/Sonar Pocket
3位 ハッピーエンド/上白石萌音×内澤崇仁(androp)
4位 大人サバイバー/ラストアイドル
5位 令和/ゴールデンボンバー
6位 パレード/ヨルシカ
7位 GLORIA/Sonar Pocket
8位 ラストセックスフレンド/さめざめ
9位 大切な色彩/chay
10位 遠い夜明け/スガシカオ

関連画像

関連記事

関連リンク