オードリー若林、幼少期の家族ルールを語る「スリルが…」

2019.4.3 20:50

オードリー若林、幼少期の家族ルールを語る「スリルが…」サムネイル画像

オードリー・若林正恭

4月2日、フジテレビ系『セブンルール』に出演したオードリーの若林正恭が家族とのエピソードを語った。

番組のトークの中で“兄弟”の話になると若林は「僕は姉なんですけど…」と切り出し、幼少期に家族でトランプや花札をした際、負けた人が家族分のアイスを買いにいくという“ルール”があったことを明かした。

そして「姉ちゃんが負けても必ず1人で買いに行かないんですよ」と話し、結局家族全員で仲良くアイスを買いに行っていたというほのぼのとした家族エピソードを披露。

しかし少年時代の若林はそれが不服だった様子で「ゲームのスリルがないだろつって」と姉に文句を言っていたと発言し「毎回帰ってきて喧嘩してました」と当時の様子を覗かせた。

関連画像

関連記事