じゅんいちダビッドソン、本田圭佑選手の“懐の深さ”に驚き「やってよかったんや…」

2019.3.22 20:20

じゅんいちダビッドソン、本田圭佑選手の“懐の深さ”に驚き「やってよかったんや…」サムネイル画像

じゅんいちダビッドソン

3月21日に放送されたテレビ朝日系『アメトーーク!』に出演したじゅんいちダビッドソンが、本田圭佑選手に関するエピソードを披露した。

番組では、「ケイスケホンダ芸人」と題し、出演者がサッカーの本田選手についてトークを展開した。この中で、本田選手のモノマネをしているじゅんいちは、「ワールドカップの時に、本田選手が“清々しい(すがすがしい)”を“きよきよしい”って間違えたのが結構ニュースになったことがあって」と切り出した。

じゅんいちは、「僕、いろんな番組で『“きよきよしい”のモノマネやってくれ』と言われたんですけど、『ちょっと、さすがに失礼なんで』って全部断ってたんですよ」と明かした。

その上で、じゅんいちは「本田圭佑ファンミーティングっていうのに招待してもらって、見に行ったら、本田圭佑が登場するなり、『今日もこんなにみなさん集まってもらって、“きよきよしい”ですね』って言って大爆笑とってて」と明かし、本田選手が自身の間違いを話題にすることで、場を盛り上げていたことを説明した。

その様子を見たじゅんいちは、「やってよかったんや」と驚いた心境を語り、「わりと(本田選手は)笑い取るの好きですよね」と締めくくった。

関連画像

関連記事