台湾・インドネシアで大展開のSTARMARIEアジアツアーが東京からスタート

2015.3.18 15:16

台湾・インドネシアで大展開のSTARMARIEアジアツアーが東京からスタートサムネイル画像

ファンタジー・アイドル・ユニットSTARMARIEが、3月15日、超満員の新宿RUIDO K4でワンマンライブを行ない、5人体制になってから初披露となる「本田教授のダイイングメッセージ」、NOTTV人気番組「MUSICにゅっと。」から生まれた日高央(THE STARBEMS)プロデュースの新曲「ネット・オークション・ベイビーズ」など全22曲を全力でパフォーマンスした。

STARMARIEはこの後、札幌・台北・浜松・マニラ・ジャカルタ・大阪・名古屋・東京で、アジアツアーを行うが、このツアーに、STARMARIEが今年1月よりPR大使をつとめている国内最大のイヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンが冠スポンサーになり「STARMARIE ASIA TOUR 2015 “FANTASTIC” powered by e-earphone」というツアー名となることが発表された。

また、台湾では、4月18日に、花博公園で開催される台湾史上最大規模の日本展”Touch The Japan”に、AKB48らとともに出演することが発表され、本日より下記でチケットが発売開始となった。

さらに、STARMARIEは、4月17日に現地女性アーティストとの対バンイベント” Hurricane Girl vol.1”(会場:杰克音樂、18時30分開演)に出演、4月18日夜には、ファンミーティング(会場:月見ル君想フ、18時開演)を行う。4月19日のワンマンライブのチケットはすでに現地では発売されており、国内ファン向けにはまもなくe+で発売される。

5月9日、10日公演予定のインドネシアでは、STARMARIEの代表曲「三ツ星レストラン・ポールからの招待状」を課題曲に、インドネシア全土で、アイドルを目指す女性が日本行きを賭けて、オーディションに挑んでいる。同曲はZORA Radioなどインドネシアのラジオ局でパワープレイされており、台湾・インドネシアで大きな展開となっている。

写真撮影:でこい

 

関連画像