北村匠海、オーディションでメンバーに言われた言葉を明かす「北村がいると…」

2019.3.14 20:50

北村匠海、オーディションでメンバーに言われた言葉を明かす「北村がいると…」サムネイル画像

北村匠海

3月14日、日本テレビ系『バゲット』にDISH//の北村匠海が出演した。

番組では北村が小学校3年生の頃から芸能界デビューをしていたと紹介され、番組MCの青木源太アナウンサーが「“幼少期のプロ”と呼ばれて、オーディションでは敵なしだったという情報も入ってきていますよ」と北村の子役時代について取り上げた。

これに北村は「そんなことないと思うんですけど」と謙遜しつつ、「まぁでも、幼少期たくさんやらせていただいてたし、オーディションは最後まで残ることのが多かったですね」と話した。

また、青木アナに「幼少期に、オーディションで並んだ時に『あ、自分イケるな』って感覚って結構ありました?」と受かる予感がすることはあったのかと聞かれると、「手ごたえがある時もあれば、ウチのバンドメンバーの矢部昌暉って奴は『北村がいるとオーディションに落ちる』って言ってました」とDISH//のメンバーである矢部の言葉を振り、スタジオは驚きに包まれた。

関連画像

関連記事