竹内涼真、和田アキ子からの電話に動揺「なんかしちゃったかな…」

2019.3.12 11:30

竹内涼真、和田アキ子からの電話に動揺「なんかしちゃったかな…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

3月9日、日本テレビ系『メレンゲの気持ち』に出演した竹内涼真が和田アキ子とのエピソードを語る場面があった。

番組には和田がスタジオにゲスト出演し、同じ事務所の後輩である竹内について「こないだ武道館も一緒に歌ってくれて」「ブルー・ノマーズやろうって言ったら一緒に覚えて…」と、和田のデビュー50周年で開催された音楽フェス『WADA fes』で竹内と共演したエピソードを語った。

その後、竹内からVTRコメントが届き、スタッフから「アッコさんとは飲みに行かれたりとか…」と質問された竹内は「一度、お家行きました」と発言。その日は『WADA fes』の映像がWOWOWで放送される日だったといい、仕事が終わり21時頃帰宅していた竹内は、「家でゆっくりしてたら、アッコさんから電話かかってきて」と話し、「1回電話きて…1回置いたんですよ」「なんかしちゃったかな…」と和田からの突然の電話に動揺した様子を明かした。

そして和田から「お前今から来い」と自宅に誘われたという竹内は、次の日仕事で朝4時起きだった為「どうしようかな〜と思って。結構15分くらい悩みましたね」と、大先輩からのお誘いと仕事を天秤にかけた当時の切実な心境を振り返った。

結局和田の自宅に訪れた竹内は一緒にコンサートの映像を見たといい、「美味しいイチゴをいただいて、帰ったんですけど」とコメント。スタジオは笑いに包まれた。

関連画像

関連記事