GReeeeN LINEオーディションから生まれた10代女子ボーカルユニットwhiteeeenがデビュー

2015.3.11 19:03

GReeeeN LINEオーディションから生まれた10代女子ボーカルユニットwhiteeeenがデビューサムネイル画像

2015年3月14日(土)公開の映画「ストロボ・エッジ」(主演・福士蒼汰、有村架純)主題歌シンガー・オーディションがGReeeeNのLINEアカウントで行われそこから選出された10代女子ボーカルユニット「whiteeeen」がー「愛唄~since 2007~(読み:ニセンナナ)」で3月11日、デビューした。この曲はもちろんGReeeeNの「愛唄」のカヴァー曲となる。

whiteeeenは学業と音楽活動を両立させるため、GReeeeN同様、顔を出さずにアーティスト活動を行う。オフィシャルサイトではそんな彼女たちのキャラクターがわかるロングインタビューも公開されており、要チェックだ。

~GReeeeNのメンバーからメッセージ~

whiteeeenの meri kana hima noa 様

メジャーデビュー並びに
「愛唄~since 2007~」発売!おめでとうございます!

僕達、GReeeeNが愛唄を世に送り出した時は
ちょうどまだ学生でこれからどんな道に進んで行くんだろう、
自分達が出した曲にどんな反応をみんながしてくれるんだろう
と試行錯誤していた記憶があります。
whiteeenの皆さんも、これから色々あると思いますが、
時には泣き、時には笑い、悲しみ喜びを分かち合いながら、
たくさんの皆様に唄を届けて頂けたらなあと思っております。

四人の素晴らしい仲間と共に!

GReeeeN

関連画像