東野幸治、明石家さんまの神対応を真似するも「やってられない」

2019.3.7 20:40

東野幸治、明石家さんまの神対応を真似するも「やってられない」サムネイル画像

3月6日、日本テレビ系『1周回って知らない話』に出演した東野幸治がファンへの対応について語った。

番組では出演者のサンドウィッチマンがファンとの写真撮影やサインを絶対に断らないなど、ファンへの対応が良いと紹介された。

その中で「東野さんはどうされてます?」と話を振られた東野は「さんまさんの特番でさんまさんが絶対に神対応するっていうのを見てから、真似しようと思って」と明石家さんまに影響されたと切り出し、「品川駅とか空港とかで明らかに俺に興味ないファンじゃない人が寄ってきていっぱい写真とか撮るじゃないですか、それでも『いいですよいいですよ』て写真とかサインとか撮ってたんですけど」と明石家さんまを真似してファンではない人にも優しく対応していたと話した。

しかし、東野は「ある日『やってられない』って気持ちになって」と明かし、スタジオからは笑い声が上がった。

さらに東野は「なんでファンでもない奴に写真撮ってね、サインせなあかんと思ったんで『すいませーん、撮りたいんですけどね、そういうシステムじゃないんですよね』っていう訳わからんことを言ったら、その子が『え、システム?』」と独特な理由で断ったところその人が不思議がっていたと話し、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連記事