V6・三宅健、山下智久に「キュンキュン」した過去を告白

2019.3.5 20:10

V6・三宅健、山下智久に「キュンキュン」した過去を告白サムネイル画像

25日深夜に放送されたbayfm78『三宅 健のラヂオ』で、V6・三宅健が山下智久について語るシーンがあった。

番組には山下ファンのリスナーからメッセージが届き、三宅は「山Pいいよね」とコメント。

「山Pはさぁ、本当に綺麗な顔してるよな。綺麗なまま大人になったよな」として「ハイスペックだと思う」と山下を絶賛した。

続けて「あの子は本当に器用でさぁ」として過去に自身のバックダンサーを山下が務めていた頃を振り返り「アクロバットとかも凄く上手で、すごく器用な子だなぁっていう印象がありましたけど」と過去の山下の印象について語った。

さらに「5年くらい前に」と切り出し、「『KISS英語』って番組あってさ、俺あれすごい好きだったんだけどさ」と山下が出演した『大人のKISS英語』(『山Pのkiss英語』)という番組をあげ、「見てるこっちがキュンキュンしちゃってさ」と発言。

番組について「山下くん自体が、そんなに喋りが得意な方ではないと。なので、バラエティにもっと対応していくべく、英語でトーク力を高めていこうみたいな感じの番組だったんだけど」と趣旨を説明し、「彼が得意とする英語を使って彼の色んな素顔だったりっていうのを見せてくっていう、番組としてのソフトが素晴らしいと俺は思ってた訳よ、当時ね」と番組を視聴していた際の心境をのぞかせた。

また、その当時山下はさらにハイレベルな英語を習得するために発音を勉強したりと努力を重ねていたと説明。そして今年、『第61回グラミー賞』で3部門にノミネートされたアーティスト・ゼッドのインタビューを全て英語で行ったと話し、「インタビュー自分でできるってさ、相当な英語力がないとできないと思いますからね」と分析し、「すごく努力を積み重ねて普通にアーティストにインタビューできるくらいのレベルまでになってるってすごいよね」「すごい努力家なんだと思う」と山下の努力を称えていた。

関連画像

関連記事