アジアをテーマにアーティストが繋がったSTARMARIEアジアツアー初日

2015.3.4 19:18

アジアをテーマにアーティストが繋がったSTARMARIEアジアツアー初日サムネイル画像

今春、東京・札幌・台北・浜松・マニラ・ジャカルタ・大阪・名古屋で、アジアツアーFANTASTICを開催するファンタジー・アイドル・ユニットSTARMARIEが、3月1日日曜、東京キネマ倶楽部で主催イベント「スタマリEXPO」をアジアツアー初ライブとして開催した。

あいにくの雨だったが、フィリピン生まれの本格派女性シンガー中村舞子、メンバーのYukiが同じくフィリピン生まれでSTARMARIEと親交の深いFeam、インドネシアのEnnichisai2015でSTARMARIEと共演するFaint★Star・ピンク・ベイビーズ、アジアのみならずジャパンカルチャーを全世界に発信しているアソビシステムのDJ POCHI、1月の「新春!TRASH-UP!!まつり」でSTARMARIEと共演したシンガーソングライターの星野みちる、エレクトロ・バレエ・ポップという新ジャンルを生み出しているカラーポワント、STARMARIEと親交の深いPreciouSparty・ねがいごと、独特のファッションのロリィタドールなどアジアをテーマに独特の世界観を持つ様々なジャンルのアーティストが集結した。

STARMARIE は途中、出演アーティストとのトークを交えながら、1部では、『涙のパン工場「コンセル・カマタ」』、「モグラミステリーツアー」、「狂おしき月下の舞踏会」、「余命124日のシンデレラ」、「ぐらんぱぐらんぱ」。2部では、「モノマネ師ネロ」、「1/3の純情な感情」、「帝王の華麗なアリバイ」、「お化け屋敷に就職しよう」、「サーカスを殺したのは誰だ」、「さよならお弁当」、「名もなき星のマイホーム」と合計12曲をパフォーマンスした。

中村舞子の歌にSTARMARIE高森紫乃が涙したり、FeamのYukiがSTARMARIE木下望にフィリピン料理の作り方を教えると約束したり、DJ POCHIは次はSTARMARIEの曲をプレイすると発言したり、初海外のFaint★StarにSTARMARIEメンバーが食料をたくさん持って行くことをアドバイスするなどアーティスト同士の和やかな交流が目立った。

STARMARIEは、写真集出版をかけておたぽるで毎日メンバー5人がブログ記事更新、中根礎子がアイドル応援アプリCHEERZで2月1日に初登場1位、NOTTV「MUSICにゅっと。」で高森紫乃・木下望中心に爆笑トーク展開中、松崎博香がDMM英会話でフィリピン遠征に向けて英語勉強中、渡辺楓は台湾遠征に備えて中国語勉強中などライブ以外でもメンバー毎に役割分担し、精力的に活動している。

また、この日追加発表された6月14日の名古屋でのワンマンライブを含む下記の”STARMARIE ASIA TOUR 2015″~FANTASTIC~を行う。

写真撮影:Marco Tj

関連画像