マーク・パンサー、小室哲哉のお金でギャンブルするも「800万借金」

2019.2.18 18:10

マーク・パンサー、小室哲哉のお金でギャンブルするも「800万借金」サムネイル画像

マーク・パンサー

17日に放送されたTBS系『坂上&指原のつぶれない店』に出演したマーク・パンサーが小室哲哉とのエピソードを披露した。

番組では、マークが“漫画のような一発逆転劇”として「ロスに住んでたんですよ、小室さんと一緒に」とglobeとして一緒に活動していた小室の名前をあげ、ラスベガスに行った時について話し始めた。

マークは「いつも小室さんのスウィート(ルーム)に入り浸ってて、やっぱり小室さんも1人になりたいから『出て』ってお金渡されるんですよ。だいたい100万(円)くらいポンと渡されて」と話し、「“何百億勝ちます”とかいうスロットがあるから、『これやろう』」と普段はやらないギャンブルをしたと振り返った。

続けて、小室から渡された100万円が10分ほどでなくなったとして、「またスウィートに行って、『終わっちゃいました』とか言うと、また100万渡されて」と追加で小室から軍資金をもらったと話し、共演者たちは驚きの声をあげた。

さらに「気がつくと800万くらいすっちゃってたんですよ」と発言。スタジオがどよめく中、マークは「『やべぇ。1時間も経ってないのに800万借金してる、俺』みたいな」と当時の心境を覗かせた。

そして「部屋に戻ってスーツ着替えてVIPに行ったんですよ」と残ってた30万円ほどの資金を持ってバカラのVIPルームに行ったとして「そこで1日半くらいいたんですかね、寝ないで」「それで900万くらい(戻した)」と明かし、スタジオは盛り上がりを見せた。

関連画像

関連記事