チョコプラ、ブレイク後の衝撃の月収を告白

2019.2.17 18:45

チョコプラ、ブレイク後の衝撃の月収を告白サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

14日に放送されたTBS系『櫻井・有吉THE夜会』に出演したチョコレートプラネットの長田庄平と松尾駿が、自身の月収について語るシーンがあった。

番組では、今年大ブレイクしたチョコレートプラネットのブレイク前と現在を比較する企画が行われた。

番組MCの嵐・櫻井翔は、ブレイク度合いが分かりやすいとされる出演本数の比較では、2017年の本数が100本であったことに対し、ブレイクした2018年の本数は219本で、大幅に増加していると解説した。櫻井は、さらに給料の変化にも言及し、ブレイク前である2017年の最高月収は40万円だったと説明。

櫻井が、出演していた長嶋一茂に「どれくらい増えると思いますか?」と問いかけると、長嶋は「これだけ本当に売れてたら、やっぱり2000万、3000万円っていうところに行ってほしいとは思いますよ」と語った。

この予想を受け、櫻井がチョコレートプラネットの2019年1月の月収は50万円だったと発表すると、スタジオからは「えー!」と驚きの声が上がった。番組MCの有吉弘行も「いい加減にしろ」とツッコミを入れながら驚いた様子を見せ、長田は、自らも「どういうことなんですかね?」と月収の変化が少ないことに困惑。松尾は、マネージャーからは「来月(給料)いいんで」と約1年ほど言われ続けていると苦笑いした。この状況に対し、有吉が「IKKOさんに権利(のための代金)払ってるとかじゃないでしょ?」と冗談交じりに聞くと、松尾は「だとしたら納得ですけど」と返し、笑いを誘った。

関連画像

関連記事