結成20周年を迎えるDo As Infinityと2年振りに集結したMOON CHILDのイベント終了

2019.2.14 13:38

結成20周年を迎えるDo As Infinityと2年振りに集結したMOON CHILDのイベント終了サムネイル画像

「JUNHARADA PRESENTS THE GREATEST HITS vol.2」

2月10日、東京国際フォーラムCにおいて、「JUNHARADA PRESENTS THE GREATEST HITS vol.2」が開催され、今年結成20周年を迎えるDo As Infinityと2年振りに集結したMOON CHILD、今海外で人気のロックヴァイオリニストAyasaの3組が3時間近い熱演を繰り広げた。

主催である原田淳氏はavexなどにおいてDo As Infinity、MOON CHILD始めとして70数組のアーティストを育成したディレクターで、最近は今回のオープニングアクトのAyasaをプロデュースしている。

定刻にスタートしたLIVEはAyasaのヴァイオリンとは思えないダイナミックな演奏の後、2番目のDo As Infinityはイベントタイトルの通り「冒険者たち」「柊」「陽の当たる坂道」など往年のヒット曲を連発し場内を沸かせた。トリのMOON CHILDも「アネモネ」「Brandnew Gear」などのシングル中心の選曲で、終盤に披露したミリオン「ESCAPE」で盛り上がりもピークを迎えた。

アンコールではMOON CHILDにDo Asの伴都美子と大渡亮とAyasaが加わり「遠くまでと」「Sweet R&R Music」をコラボし、満員の観衆に応えていた。

このシリーズは不定期ではあるものの、今後も開催される予定であるとのことなので、次回も楽しみに待とう。

関連画像

関連記事