Halo at 四畳半、ニューミニアルバムを6月発売 初のZepp DiverCityワンマンライブ開催を発表

2019.2.9 21:00

Halo at 四畳半、ニューミニアルバムを6月発売 初のZepp DiverCityワンマンライブ開催を発表サムネイル画像

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半が、6月にニューミニアルバムを発売。7月19日(金)に初の東京・Zepp DiverCity TOKYOでのワンマンライブ「NOVEL LAND LANDING」を開催する。

本日2月9日(土)にチケットソールドアウトで迎えた東京・マイナビBLITZ赤坂公演にて、全国ワンマンツアー「悲しみの朝の愛し方」を締めくくったHalo at 四畳半。アンコール後の映像で、6月にニューミニアルバムを発売することを発表した。バンドにとってエポックメイキング的なメジャーデビューフルアルバム「swanflight」を発売した後の初音源となる今作は、ニューフェイズに突入したバンドサウンドを聴かせてくれる作品になるだろう。

さらに、7月19日(金)に初の東京・Zepp DiverCity TOKYOでのワンマンライブ「NOVEL LAND LANDING」の開催も同時に発表。ボーカル・ギター渡井翔汰は、このライブタイトルについて「意味は“新たな地への着陸”。メジャー1stフルアルバム「swanflight」を携えて、ワンマンツアー“悲しみの朝の愛し方”を完遂した僕らは今無事に大きな空へと飛び立ち、次なる目的地を目指す。それは誰かの足跡を辿る航路ではなく、Halo at 四畳半が切り拓く新たな道であるようにと、この名前を付けました。」と語っている。

新たな道に進み始めた、Halo at 四畳半のサウンドとライブをぜひ体感してみてはいかがだろうか。

関連画像

関連記事

関連リンク