若槻千夏、明石家さんまの言葉に恐怖「マイクを外しながら…」

2019.2.8 11:30

若槻千夏、明石家さんまの言葉に恐怖「マイクを外しながら…」サムネイル画像

若槻千夏

6日に放送されたフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』に出演した若槻千夏が明石家さんまに言われた言葉を明かした。

番組では、字が下手な芸能人たちが評論家の理論を実践し、1週間で上達するかを検証した。その中で、字が下手だという若槻が登場し、どのような字を書くのか見るために10代の自分へ向け手紙を書いた。

若槻は「10代の私へ」と手紙を読み始め、「あなたが中学生の頃、毎日先生に学校で怒られていましたね。あの頃のあなたは先生の怒る姿が、とても怖いと感じていましたよね。」と中学生の頃の自分を振り返った。

さらに手紙には「しかし、その先生達は全然怖くありません。17才になると、あなたはお笑いモンスターに出会います。その人の名前は“明石家さんま”と言います。」と明石家さんまの名前が綴られており、「本当に人を怖いと感じる時は、マイクを外しながら、すごく小さな声で『あれはあかんで』と言われます。」と過去に言われた言葉を明かすと、共演者たちは笑い声をあげ、明石家さんまも「アホか!言うてへんわ!」とツッコミを入れていた。

手紙の最後は「しかしこの小声は人間をものすごく成長させてくれます。心が折れる日もあります。『例えば?』や『ほんで?』と言う相づちがトラウマになる日も来ます。けど、たえて下さい。その先には『成長』が待っているのですから。」と、明石家さんまの言葉で成長できた様子を覗かせ、締めくくられた。

この手紙に終始、共演者たちは笑顔を見せ、スタジオは大いに盛り上がった。

明石家さんまは以前同番組に女優の新木優子が出演した際、「彼女の笑いに対する根性、俺もう感動してんねん」として共演した時に新木が体を張って盛り上げようとした姿勢に感動したと話していたことがあった。

関連画像

関連記事